WebスクレイピングでChromeスクレイパーを使用する方法:Semaltのヒント

Webスクレイパーは、Webサイトからデータを抽出するために使用されるプログラムです。抽出されたデータは、後でカンマ区切り値(CSV)ファイルまたはExcelスプレッドシートに保存されます。手動の手法を使用してWebから正確なデータを取得するのは、面倒な作業です。解決策はウェブのかき取りです。 ChromeブラウザーにWeb Scraperをインストールしたら、スクレーパーがデータを抽出している間、必要な作業はリラックスするだけです。

IT初心者の場合、コンテンツスクレイピングとも呼ばれるウェブデータスクレイピングは、 ウェブ上の非構造化データと半構造化データを構造化データに変換することを目的としています。過去数週間で、詳細なチュートリアルがリリースされ、Chromeウェブスクレイパーの使用方法に関するウェブマスターを指導しました。スクレイピングでは、Webからデータを収集し、後で使用するために保存する必要があります。

この記事では、「サイトマップ」でスクレイピングされたデータにアクセスする以外に、 スクレイピングされたデータを使用する方法を学びます。手始めに、上のチュートリアルでは、「どのようにウェブからのデータ抽出にChromeの拡張機能スクレーパーウェブを使用するには、」あなたは、より深い理解持ち役立つウェブスクレーパーを 。チュートリアルは無料でWebから入手できます。

スクレイピングされたデータをCSVファイルにエクスポートする方法

Webデータの抽出は、これほど簡単ではありませんでした。コンセプトを理解することが重要です。開始するには、[サイトマップ(awesomegifs)]オプションをクリックし、[データをCSVとしてエクスポート]を選択します。提供されているオプションをスクロールして、「今すぐダウンロード」に進みます。保存したい場所を選択して、抽出したデータをCSVファイルで取得します。

CSVファイルは、gifと呼ばれる列といくつかの行で構成される必要があります。行の総数は、スクレイピングされたURLの数によって決まります。

スクレイピングされたデータをMySQLテーブルにインポートする方法

Webから抽出されたデータで構成されるCSVファイルを取得した後、MySQLテーブルを作成することは自分で行うタスクです。まず、「awesomegifs」という名前の新しいMySQLテーブルを作成します。テーブルはCSVファイルと同じ構造にする必要があります。この場合、必要な列は2つだけです。 1つの列は、IDと他の列のURLで構成されます。

CSVファイルのパスを生成されたパスに置き換え、SQLコマンドを実行します。ここまでで、CSVファイルから新しく作成したMySQLデータベースにすべてのスクレイピングされたURLが含まれるはずです。

Webサイトの構築には、さまざまなレイアウトが使用されます。両方のチュートリアルのChrome Webスクレイパーの使用方法に関する知識があれば、さまざまなサイトからデータを見つけて抽出できるはずです。 Webスクレイピングを十分に楽しむには、プログラミングの基本を理解する必要があります。ほとんどの場合、「CTRL + U」コードを使用して、Webページ上のターゲットデータの属性を識別します。

小規模なスクレイピングには、Webデータ抽出ツールをお勧めします。競争力のある情報の取得に取り組んでいる場合は、Webスクレイピングサービスの利用をお勧めします。スクレイピングの法的側面を観察することは最も重要です。一部の電子商取引Webサイトでは、サイトからのデータの抽出が制限されています。上記のガイドを使用して、スクレイプされたデータをCSVファイルとMySQLテーブルにエクスポートする方法を学習します。